フィットネス

筋トレを行うのに必要なグッズはこれだけ〜自宅・ジムでも使える筋トレグッズ〜

こんにちはerimusです!本日は筋トレを行う時にあったほうが良いグッズをお伝えしていきます。

本記事の内容

・筋トレを行う時に必要なグッズがわかる
・筋トレ中・上級者向けのグッズを紹介

それでは始めます!

筋トレにグッズは必要か?

筋トレにグッズは必要か?

おすすめのグッズを紹介する前に、「そもそも筋トレを行うのに、グッズは必要なの?」という質問に答えていきます。

結論は、筋トレをするには必ずしもグッズは必要ありません!

もちろんあったほうが様々な用途に使えて、違った追い込み方が出来るので色々な刺激を与えることが出来ますので、あるに越したことは無いです。

しかし、グッズが無いから筋トレが出来ないなんてことはありませんのでご安心ください。

筋トレに必要なグッズ8選

それでは私も使用している筋トレグッズを8つ紹介していきます!

ダンベル

まず一番初めに揃えたいのはダンベルですよね!ダンベルはアームカールなどの腕を鍛えるトレーニングだけでなく、ダンベルベンチプレス、ワンハンドベントオーバー、スクワットなど使い方によっては全身の筋肉を鍛えることが出来ます。

ダンベルは初め「こんな重量扱えないよ…」と思って軽めの重量を選択してしまう方も多いですが、片手30kgなどの重めの重量を選んだ方が良いですよ!

【楽天スーパーSALE特別価格!!】【即納】可変式ダンベル40kgx1個/エクササイズフィットネスダイエットストレッチ鉄アレイダンベルセットトレーニングシェイプアップダイエット ダンベル 40kg 男性 可変式 安全 40キロ アジャスタブルダンベル RIORES 送料無料

もしお金に余裕がある方は可変式のダンベルがおすすめです!細かく重りを変えられるのはもちろんですが、シャフトを回したりするなどの作業が眩けることが一番のメリットではないでしょうか。

ベンチ台

ベンチ台も筋トレを行うには必須のグッズの一つです。ベンチ種目や片足をベンチ台に乗せるブラジリアンスクワット、プルオーバーなどベンチ台が一つあれば出来る種目の幅が一気に増えます!

EZバー

【コミコミ価格3,480円】【送料無料】バーベルシャフト バーベル ダンベル プレート 用 バーシャフト ベンチプレス ウェイトトレーニング 鉄アレイ トレーニングマシン Wシャフト ダブルシャフト バーベルカール リバースカール EZバー イージーバー

これはあまりおすすめされたことの無いグッズではないでしょうか。実はEZバーはかなり便利なグッズの一つです。ダンベルアームカールだと両手が使えて重量を上げることが出来ます。自宅など筋トレを行うスペースが狭いときには、バーベルと同じようにベンチプレスやデッドリフトまで行うことも可能です!

なにより一番のメリットは、ジクザグの形をしているので手が痛くならないことです。フラットのバーだとダンベルカールなどをした時に手首に結構な負荷がかかります。気になっていた方にはおすすめのグッズの一つです!

チンニングスタンド(ぶらさがり健康器具)

フィットネスジムには必ずある器具の一つですね!自宅で筋トレを知ていて、自宅にもスペースがある場合は絶対にあったほうが良いです。ベンチ台と一緒に販売しているサイトもありますので、セットで購入するのも良いのではないでしょうか。

チンニング(懸垂)はマシンなどを使ってトレーニングをしているヒトでも、自重で行う種目の一つです。上級者は身体に重りをつけて行いますが、基本的には自分の負荷だけで十分です。

腹筋ローラー

筋トレ器具の中では一番有名なグッズではないでしょうか!ガッツリ筋トレをして事ない方でも使ったことがあるかもしれません。また、腹筋ローラーといえば「サイヤマン」さんでお馴染みです、やってみると以外にも難しかったりします。

ただこの順番にしているのには理由があります。実は腹筋(腹直筋)だけを鍛えてもシックスパックは出来ないからです。腹筋はシックスパックの上に死亡が乗っているため隠れている状態になっています。腹筋自体はそれほど大きな筋肉では無いため、腹筋だけを鍛えても腹筋は割れません!

それよりも他の大きな筋肉をトレーニングしていたほうがシックスパックは出てきます。しかし、腹筋は他のトレーニングを行う際に重要になります!価格も安いのでぜひ使ってみてください。

マット

これはどちらかといえば自宅で筋トレを行う人向けのグッズになります。もしくは自宅でヨガやピラティス、ストレッチも行う方は持っておいて損は無いと思います。

厚みに用途も変わったりしますので、使用目的に合わせて購入するのが良いでしょう。

厚みに関しては合うもので良いですが、滑りにくいマットを選んだほうが良いです!ヨガをするにしても、ストレッチ・筋トレをするにも滑りやすいマットだと凄くやりづらいです。レビューなど参考にしながら用途に合うものを選んで見てください。

トレーニングチューブ

負荷を掛けるにも、ストレッチするにも使えるグッズです。チューブ一つとっても種類がたくさんあります。丸いチューブやペラペラのチューブ、強いチューブ、弱いチューブとこちらも用途によって選ぶのがよいでしょう。

チューブでも上手く使えば結構な負荷を掛けることが出来ますし、ダンベルなどと違って、関節可動を大きく使ってトレーニングを行うことも可能です!

プッシュアップバー

腕立て伏せを行うさいに使用するグッズになります!普通に床で腕立て伏せをするだけでももちろん効果は実感出来ます。しかし、プッシュアップバーを使用することで、床に胸を近づけた時に腕の位置よりも胸を地面に近づけることが出来ます。そうすることで筋繊維によりストレッチを掛けることができ、筋収縮を最大限に引き出すことが出来ます!筋トレで腕立て伏せを取り入れている方は、持っていて損は無いグッズです。

あると便利な筋トレグッズ〜中・上級者向け?〜

あると便利な筋トレグッズ〜中・上級者向け?〜

上記の筋トレグッズを揃えてもうこれ以上は買うものが無いよ。なんて方におすすめのグッズを紹介していきます。

ベルト

重い重量を扱う時などに重宝するグッズになります。負荷が大きくなったり、フォームが崩れてしまったりすると腹圧が抜けてしまい腰に大きな負担がかかってしまいます。筋トレを初めた初期の頃に腰痛が多いのは、これが原因ですね。

あまり大きな重量を扱わないヒトには不要なグッズにはなりますが、フォームを正しくさせたい、腰痛に悩まされている人には必須のグッズです!

リフティングストラップ

Schiek(シーク) レザーリフティングストラップ ブラウン

最後は懸垂やダンベルを持つ時に絶対にあったほうが良いグッズになります!どうしても重い重量を扱ったり、懸垂をしていると効かせたい筋肉ではなくて、先に腕が疲れてしまうことが多々あります。

先に腕が疲れてしまうと、もっと追い込めたのに種目が出来ない…なんてこともあります。これらを防ぐためには必須のグッズになりますの。

おわりに

筋トレを始める最初の頃は、筋トレが上手くいかない時に色々な筋トレグッズを調べたりするかと思います。

ただし今回紹介した8選(+2選)を持っていれば普通に筋トレを行うさいに困ることは無いはずです!

本記事のまとめ

・筋トレに必要なグッズ8選
・筋トレに中・上級者向けのグッズ2選

ABOUT ME
erimus
都内でパーソナルトレーナーをしております、erimusです! パーソナルトレーナー5年の経験から、他ジムでの体験記を書いています。 フィットネスジムからパーソナルジム、オンラインジムまで幅広く書いていきます。 パーソナルトレーナーの目線から書いておりますので、気になった方はぜひ見てみてください。