フィットネス

ゴルフで飛距離を伸ばすには筋トレが必要?〜筋トレしなくても飛距離は伸びる〜

ゴルフで飛距離を伸ばすには筋トレが必要?〜筋トレしなくても飛距離は伸びる〜

こんにちはerimusです!
ゴルフの飛距離が伸びないから筋トレして力をつけようとしている方多くないですか?
本当に飛距離を伸ばすために筋トレは必要でしょうか?
ゴルフをされているお客様のカラダを見ていくと飛距離が伸びない原因には同じような傾向があります。

女性の口コミ
女性の口コミ
ゴルフの飛距離がなかなか伸びなくて困ってます。

本日はそんな悩みに答えていきます!

本記事の内容

  • 筋トレをしなくても飛距離は上がります
  • 女子ゴルファーでも飛距離は絶対に伸びます
  • ゴルフに必要な筋トレは自重でも十分効果あり

ゴルフの飛距離アップには筋トレが必要なの?

ゴルフの飛距離アップには筋トレが必要なの?

ゴルフの飛距離をアップさせるために必ずしも筋トレが必要とは限りません!
もちろん筋トレをして、筋肉量がアップすればその分パワーもつくでしょう。しかし、それで必ずしも飛距離が伸びるわけでもありません。
ゴルフの飛距離をアップさせるためには、

  • 捻転
  • 足裏の付き方
  • 肩・肩甲骨の可動域

これらの要素が大切になってきます。他にもテクニック的なのはたくさんあると思いますが、細かいことに関してはYouTubeやゴルフのレッスンなどで勉強すると良いでしょう。
本日はそういったテクニックの要素ではなく、トレーナーとして身体のバランスが整った結果→ゴルフの飛距離がアップするという面についてお伝えしていきます。

捻転

ゴルフでは必須の動作ですよね。
しかしこの捻転動作ですが上手く出来ているヒトが本当に少ないです!
そのせいで、肩に力が入ったり・身体をくの字に折り曲げたり。そうするとスイングのパワーは上手くボールに伝わらないですし、インパクトがずれるので真っ直ぐボールは飛ばなくなってしまいます。

しかもこの捻転(詳しくは回旋といいます)には左右差が出ることがほとんどです。
それは自分の軸がわからないままに動きたいように捻転をしているために、どんどん軸がずれていっている証拠です!
軸が取れなくなってくると捻転はスムーズに行えなくなり、結果スイングのパワーやインパクトが上手くいかず飛距離が上がらなくなってしまうのです。

足裏

スイングのタイミングで足裏の付き方を意識したことがありますか?
捻転ばかりに気を取られていては飛距離はいつまで経ってもアップしませんよ!足裏はカラダの中で唯一地面についている箇所になります。

その足裏がバラバラに、さらに左右差も大きく出ているようでは安定したスイングは生まれません。
足裏には地面の設置感覚によって、カラダのバランス(姿勢)を保つ役割が備わっています。

ご自身の足裏の設置感覚を感じてみてください!
ゴルフをしているヒトでは、
右方向に流れていく→かかと重心
左方向に流れていく→つま先の開きに左右差がある
あまり飛距離が出ない→どちらも内側重心
*右打ちの場合で想定(左打ちもあれば逆で考えてください)

スイングでの悩みによって足裏の付き方が変わってきます。
また足裏のアーチや小指の向き、それらを改善していくだけでも飛距離アップに近づきますよ。

肩・肩甲骨

これは言うまでもなく大切な要素ですよね。
では、目線を腕の位置におろしてご自身の腕の様子を見てみてください。
腕の位置はどうなっていますか?

  • 腕がカラダの前にきている
  • 腕が内向きになっている
  • 腕がカラダから離れている

これらはすべて飛距離がアップしない要因です!
肩と肩甲骨は連動して働きますし、テイクバックやフォロースルーの際には捻転はもちろんですが、肩や肩甲骨も同時に動きます。
この動きがスムーズに出来ないと飛距離はアップ出来ないでしょう。
これらは捻転が出来ないあまりに腕打ちになっている可能性も高いので、一度確認しておきましょう!

飛距離は女性でも伸ばすことができる?

飛距離は女性でも伸ばすことができる?

答えはもちろん出来ます!
ゴルフで飛距離を出すためには、先程もお伝えした通り捻転がとても重要になってきます。

じつは、男子アマチュアゴルファーよりも女子プロゴルフファーの方が約30ヤード近く飛距離は長いみたいです!
さらにヘッドスピードの平均値は男子アマチュアゴルファーと同じ40m/sというのがとても不思議ですよね。
これも捻転動作が上手く出せているかで飛距離にも大きく影響が出ていると示されるデータですよね!

https://www.prgr-school.com/column/01/

ゴルフで行う筋トレは自重で十分効果あり!

ゴルフにおすすめの筋トレ

それではゴルフにおすすめの筋トレを紹介していきます。
筋トレといってもマシンを使ったりするような、筋肉を大きくするための筋トレではありません!
筋肉を正しく働かせるための筋トレなので、自重でも行えるものを紹介します。
目的に合わせて自分に合ったトレーニングを探していきましょう!

プランク【体幹トレーニング】

捻転をスムーズに行えるようになったり、スイング中のブレをなくすためのトレーニングですね!


ゴルフのために行う分にはプランクの状態を維持するだけでも十分効果があります。
捻る(捻転)の動きも加えながら行うと、より実戦に近い姿勢になるのではないでしょうか。
体幹トレーニングは基本(軸)が出来てきたら、ゴルフの動きに合わせて行ってみましょう。

肩・肩甲骨トレーニング

肩や肩甲骨は普段動かすことは少ないので、まずはストレッチから行うとよいでしょう。
それから肩甲骨や背中を動かすトレーニングをしていくと、徐々に肩甲骨の可動域はでてきます!

ストレッチの準備が出来たらトレーニングをしていきましょう!
ゴルフを続けていると肩甲骨が外に開いたり、挙がったりする方が多いです。
それらを改善するためのおすすめはこちらです!

おわりに

パーソナルトレーナーをしていると、自分が体験したことのない競技の人を担当する機会も多いです。
新体操やバレエ、サッカーなど多種に渡ります。
それでもヒトの基本的な動きは一緒ですので、一つ一つのカラダの機能を改善出来れば必ずパフォーマンスは上がりますよ!

ABOUT ME
erimus
都内でパーソナルトレーナーをしております、erimusです! パーソナルトレーナー5年の経験から、他ジムでの体験記を書いています。 フィットネスジムからパーソナルジム、オンラインジムまで幅広く書いていきます。 パーソナルトレーナーの目線から書いておりますので、気になった方はぜひ見てみてください。